入院中の暇つぶしに役立つこんなモノ

生まれてこの方、入院には縁がなく健康だけが取り柄でした。
女性の一大イベント、出産をした時に初めて入院をしました。
今は団体部屋でも朝から夜までカーテンで仕切られているので個室のような感覚です。
一昨年の11月と年末に入院生活を送りました。
安静にすることは体にも心にもゆとりが持てるいい時間だと思います。
ですが、悪く言えば暇をもて余すことになります。
11月に入院した病院と年末に入院した病院は違う病院だったので、それぞれの病院でどう時間を使ったか書き記したいと思います。

・DVDや音楽鑑賞をして過ごしました。

11月に入院した病院は、個人病院でした。
冬の最中に雪かきをしたせいで、おなかが張り切迫早産の恐れがあると診断され1週間入院しました。
個室で広い間取りでしたので、窮屈な思いをすることなく過ごせました。
とにかく安静にしていてくださいと言われていたので、トイレやお風呂、診察以外はベッドで過ごしました。
旦那や家族が毎日のようにお見舞いに来てくれたのでDVDを持ってきてほしいと頼みました。
テレビはカードを購入するタイプではなく自分の好きな時にテレビを見れるものだったのでDVDや音楽鑑賞は暇潰しに最適でした。

・出産祝いのお返しをカタログを見ながら検討していました。

初めての出産でしたので、お祝いを貰ったら誰に何を返そうかカタログを見るのも暇潰しになりました。
親戚、友人、親の知り合い、近所の人など金額が同じでも貰ったら喜ぶ物をと毎日のようにカタログとにらめっこしていました。
可愛くて安いものが、たくさんあり目移りしてしまいました。
子供の名前が印刷されたものや、残るものではなく食品や選べるカタログギフトが人気だと書かれていたので私もそれに決めました。
当時は子供が生まれてからは、ゆっくりカタログも見れないので「今のうちに見ておこう」と思っていたはずです。

・ゲームをやるよりは在宅ワークでお小遣い稼ぎを。

一昨年の年末に入院した病院は隣の市の総合病院でした。
私の場合、通院していた病院と出産した病院が違います。
個室ではなく団体での部屋でしたが、私が入院しているうちは私以外誰もその部屋を使っていませんでした。
昔からあるカードを購入するタイプのテレビだったので「そこまでして見なくていいや」と思い入院生活中はテレビを一度も見ませんでした。
ゲームをしようとも思いましが、暇潰しをするなら在宅ワークをした方が良いと思い、しばらくアンケートやライターの内職をしていました。
Wi-Fiが繋がっていなかったので、データに制限が掛かってしまいました。
何もしないより手を動かした方がお小遣い稼ぎになるなら内職をした方が良いと私は思います。

子供を出産してからは入院生活にメリハリが出て上記のようなことが出来なくなりました。
今思えば、入院生活で暇をもて余していたあの頃に戻りたいと思ってしまいます。
只今、妊娠3ヶ月目なので来年2月にまた出産をします。
次はどんな入院生活になるのか今から楽しみです。

Copyright © 入院中の暇つぶしに役立つこんなモノ All Rights Reserved.