入院中の暇つぶしに役立つこんなモノ

入院中に眠れない場合の対処方法とは?|気晴らしをする方法をおすすめします

■入院中に眠れない場合、どうすればいい?

怪我や病気、検査などで入院することも大人になると多くなります。
短期の入院でも環境が大きく変わるために夜、眠る時に苦労する方も増えるようです。


特に検査入院や怪我での入院は基本的に体が動くので通常のあまり変わらない
活動をすることができます。
それなのに病院から出ることができず、いつもと違う環境で過ごすことになります。


当然眠る場所も場合も個室を利用しない限り、大勢の方がいる部屋で眠ります。
この環境に馴染めないという方も多いのではないでしょうか?


枕が変わると眠れない、という訳ではないのですがいきなり大勢と一緒に眠る
という状況は初めての方はかなり大変です。


そこで入院中に眠れない場合の対処方法として効果的なものを色々と探してみます。
多くの方が行っている方法の中には自分にあっている眠れない時の方法が
見つかるかもしれません。


■まずは原因を考える

入院中の夜に眠れないという状況の原因には色々と考えられます。
昼間の暇な時間を昼寝で過ごしてしまうと睡眠が十分に足りてしまうので
夜眠ることができなくなるという場合もあります。


特に入院中はからだを動かすことが少なく、運動量が不足して体が疲れていないのに
昼寝で十分に体力を回復してしまいます。
その場合夜になっても眠気が起きずに眠ることができないという状況になります。


検査入院などで体が健康的な方に多く見られる症状です。
この場合は昼間に軽い運動、ストレッチなどをしておくと多少は改善されます。


いつもと違う環境で、それになれることができていないという方も眠れないという
状況になりやすいそうです。


カーテンで区切られているとはいえ、となりには知らない人がいるという状況で
眠るのが難しい方はやはり多いと思います。


更に病院では消灯時間がかなり早く、いつもはしっかりと起きている時間に
電気を消されても中々眠ることができない方も多くいます。


そんな場合には無理に眠らずに夜の時間をつぶす方法もオススメです。
消灯後に出来る暇つぶしの方法を考えてみます。


■眠れない場合の対処方法は?

消灯時間を過ぎた後にテレビなどをつけていると、その光は他の人の迷惑になります。
その為に病院によっては消灯後のテレビの利用が禁止されている場合もあります。


そんな中でもスマホやタブレットPCなら布団の中でも十分に見ることができます。
また病室ではなく、待合室でテレビを見ることも出来る場合があります。
そこで消灯後には待合室にスマホやタブレットPCを持ち込んで動画を楽しむことを
お勧めします。


スマホやタブレットPCならどこでも簡単に持ち運ぶことができます。
暗いところで見るのが嫌な場合、待合室やナースセンターなどを開放してくれる
という病棟は多くあります。


そこで気晴らしに動画や映画、また電子コミックなどを見ることで気晴らしをすれば
いつもと違う環境でもリラックスすることが出来る可能性も高くなります。


消灯後の部屋で利用する場合でも音の出ない電子書籍ならスマホでも簡単に見ることが
できます。
しかもマンガなどもありますので細かい文字を見なくてもリラックスできます。


入院中に眠ることができない場合、手軽な気分転換でリラックスする方法がお勧めです。

Copyright © 入院中の暇つぶしに役立つこんなモノ All Rights Reserved.